確定拠出年金: 運用商品に関する制度改正とモニタリングの必要性

Haruka Urata 

浦田 春河

ディレクター / コンサルタント

リタイアメント部門 

2018年は日本の確定拠出年金にとって、モニタリング元年を画する年となりそうだ。2年越しの議論を経て、いよいよ5月1日付で運用商品に関する新規制が施行される。

続きを読む

 

2018年アジア太平洋地域の昇給率予測

永原 有子 

永原 有子

コンサルタント

報酬サーベイ マネージャー
Talent & Rewards
データサービス部門




ウイリス・タワーズワトソンが実施した昇給率調査によると、2018年のアジア太平洋地域の昇給率は、先進国市場の上昇率が低位で安定的に推移する一方で、全体としては前年を上回る傾向が見られます。上昇幅としては、インド・中国・ベトナムが最も大きな水準になることが見込まれています。

続きを読む