グローバル企業の年金ガバナンス

衣笠 俊之 

衣笠 俊之

ディレクター

リタイアメント部門

リーダー

コーポレートガバナンスに対する投資家の関心が高まる中、企業が自社の年金制度をどのように運営するべきかという課題について、コーポレートガバナンスや企業のグローバル化の視点から考察すると興味深い示唆が得られる。本稿では、日頃、グローバル企業の年金制度運営の支援を行う中で得られた経験などを踏まえ、日系多国籍企業の年金制度運営における課題について述べたい。

続きを読む

 

M&Aに際する経営幹部リテンションの最近の傾向と日本企業の課題

要 慎吾 

要 慎吾

ディレクター

M&A部門

 

 

 

ウイリス・タワーズワトソンでは、3年周期で企業買収に伴うリテンションプランの具体的内容について、グローバルレベルで調査・分析を実施している。2017年においても、世界約250社(内本邦企業30社)が本調査に参加、グローバルの傾向及び日本企業の特徴と課題について分析を行った。

続きを読む