Towers Watson Media
課題

多国籍従業員ガバナンス

多国籍従業員ガバナンス

グローバル企業は、各国の経営者・従業員へどうガバナンスを効かせるべきか試行錯誤を重ねてきました。中央集権によるグローバル一貫戦略と、権限移譲とモニタリングによるローカルの柔軟運営のバランスを、規制、文化、人口動態等に従い、適切に見極める必要があります。これは、効果的な組織運営のためのグローバル本社機能の再定義とも言えます。

  • 報酬、ベネフィット、人材戦略がグローバル、リージョン、ローカルそれぞれのレベルで機能するようになっていますか?
  • あなたの会社のガバナンス体制は、経営者・従業員に競争力ある処遇を提供しつつ、リスクと機会が常に把握できるようになっていますか?
  • 全体最適の下、全世界の人件費対効果が最大化されるように資源配分がなされていますか?
  • 従業員の健康プログラムおよび退職給付プログラムが、法や規制に従い運用されるプロセスが明文化されていますか?
  • ベネフィットにかかる費用を削減・最適化するための戦略は持っていますか?

当サイトではこちら の Cookie を使用しています。引き続き当サイトをお使い続けることをもって、弊社のCookie 使用に同意いただいたものと致します。

この機能にアクセスするにはログインする必要があります。

メールアドレスが無効です WTW ネットワークIDでログイン
パスワードが無効です
パスワードをお忘れですか?


登録はお済みですか?

FAQ