【Newsletter 2015年8月号】

なぜM&Aは大変なのか?

中村 健太郎 

中村 健太郎 (なかむら けんたろう)

シニアコンサルタント

タレント・リワード セグメント
組織人事部門

日本国内における業界再編や日本企業による海外企業買収が新聞紙面を賑わしているが、弊社が関わっているM&A案件での買収企業の担当者や各アドバイザーは、24時間体制と言っても過言でない程のペースで働かれているように見受けられる。M&Aは一般に限られた期間で多くの作業をこなす必要があることが主な理由であるが、特に弊社が関与するような案件は比較的難しいディールが多いため、その傾向が顕著に表れているように思われる。 続きを読む

 

【コーポレートガバナンス連載: 第5回】 
指名の前提となるBoard Effectiveness (取締役会評価)の重要性

Towers Watson Media 

村上 朋也 (むらかみ ともや) 

コンサルタント

タレント・リワード セグメント
組織人事部門

コーポレートガバナンス・コードにおいて取締役・経営陣幹部の指名や選任に関連するコードは大きく7原則ほどある。各社がこれらのコードに対応するに当たってチェックボックス的に一つ一つのコードの原則に対応していく方法もあると思うが、今一度これらの原則の関連性をよく考える事が重要だと考える。 続きを読む

 

経営者指名についての、効果的な対投資家コミュニケーションのあり方

Towers Watson Media 

松尾 梓司 (まつお しんじ)

コンサルタント

タレント・リワード セグメント
組織人事部門

コーポレートガバナンス・コードの施行を受け、上場企業では、様々な形でのアカウンタビリティの強化が余儀なくされている。特に、自社の安定株主となることが期待される機関投資家に対しては、スチュワードシップ・コードの原則において「(投資家は)投資先企業の持続的成長を促し、顧客・受益者の中長期的な投資リターンの拡大を図る」と謳われているとおり、自社が中長期にわたり安定的に事業成長を実現し得る、と示すことがますます重要となる。 続きを読む

 

人件費をいかにして最大限に活かすのか?

永原 有子 

永原 有子 (ながはら ゆうこ)

コンサルタント、報酬サーベイ
マネージャー

タレント・リワード セグメント
データ・サーベイ・人事テクノロジー部門

人材不足や人件費の削減がより深刻になり、 アジア太平洋地域の各企業は人件費をいかにスマートに使うかという課題を突き付けられている。どういうことかというと、昇給を個々の業績貢献へのリワードとして扱うことが一段と重要視されてきているのである。 続きを読む