グローバル人事の次の一手

中村 健太郎 

中村 健太郎

シニアコンサルタント

Talent & Rewards
リワード部門

既に多くの日本企業がグローバル人事に関して様々な対応をされてこられているかと思うが、筆者がクライアントから耳にしているところでは、特にこの1~2年の間に、本社経営層への外国人幹部を登用や、海外の主要拠点の経営層のローカル化/ナショナルスタッフ化といった人材のグローバル化が、今まで以上のスピードで進展しているように思われる。

続きを読む

 

「働き方改革」推進に不可欠な「従業員エンゲージメント」
~「働き方改革」の結果、競争力が低下しないように~

市川 幹人 

市川 幹人

ディレクター
従業員意識調査領域統括

Talent & Reward 
データ・サーベイ・人事テクノロジー部門

いつの間にか2017年も残すところわずか1ヶ月半となった。少し気が早い感じはするが、今年の日本産業界を振り返って見逃せない潮流といえば、「働き方改革」が筆頭に挙げられるように思う。仕事柄、様々な企業の人事担当の方々と話をする機会があるが、「働き方改革」を全く意識していないクライアント企業はなかったといっても過言ではない。新聞・雑誌などでも、「働き方改革」の関連記事が、日々あちこちに掲載されている。昨年9月、安倍首相が内閣官房に「働き方改革実現推進室」を設置し、働き方改革の取り組みを提唱してからほぼ1年が経過し、働き方改革の実態や論点がだいぶみえてきた。本稿では、働き方改革をめぐる主な論点を確認しながら、企業が考えるべきテーマを整理してみたい。

続きを読む